〈リフティングマスター〉

3年生で1番!
とにかく空いた時間は常にリフティングをしていました。
それは練習やゲームの空き時間、集合する前など、夢中になりすぎて集合に遅れてしまったり、コーチが話をしている時もプレイしています。まさに『夢中』。
こういう時間が子どもたちを大きく成長するために必要な貴重な時間です。
何かを成し遂げた人たちはこういった時間を過ごしてきた人だと思います。
彼のうまくなりたいという気持ちを心からリスペクトしていますし、
自分が成し遂げたいと思うもの、目指すものに向かって走っている姿は本当に格好いい!
これからもその姿を見守ります!
おめでとう!はるま!